圧倒的なラーメン



今日は会社でとてつもない量の中華料理屋があるということを聞いて体育会系の血が騒いだ足立です。こんにちは。
 新しい体験というのは人間にとって大切なことだと思います。こと「食」に関してはその体験は非常に分かりやすいものとなります。
そして今日、料理があるということを耳にして行ってみました。
 

ハンパじゃないラーメンがあると聞いて


出雲のとある台湾料理店です。
店内の床やテーブルは油っぽさがあるためお世辞にも清潔感を感じませんが、注文した後に「そいつ」は登場したッ!
IMG 5397
↑左上からチャーハン、周りの食べ物が大きいため小さく見える漬物、見た目よりも辛くない台湾ラーメン、左下があまり甘くない杏仁豆腐、量と大きさが想像を絶する唐揚げ、右下がサラダ。
もはやバイオレンスの領域に達していると言っても過言ではないでしょう!
これで980円。

しかしながら今日の家の晩御飯は餃子とエビチリでした。
小学生の頃、学校の給食カレーが出て、晩御飯でもカレーだったときのショックが思い起こされます。
ですがそれを顔に出してはいけません。喜んで感謝して食べることが大事なのです。

IMG 5398
このラーメンは麺が特徴的です。見た目がギザギザしています。



世界的な建築家とLINEの対談記事 

 

チームラボ・猪子氏「LINEは日本企業じゃなかったからうまくいった」 デジタル時代の”勝ち方”とは? | ログミー[o_O]


ログミー[o_O]

チームラボ代表の猪子氏と、世界的建築家・隈研吾氏による異色対談。猪子氏が、デジタルの世界ではグローバルな均質化が進んでいると語る一方、隈氏は建築業界における国ごとの差はまだまだ大きいと言います。これからの日本が世界で勝ち抜くためのキーワードとは? 

世界で働いている人たちの意見です。読んで印象的だったところは世界での情報が共通化してきていて、それよりも世代間でのギャップの方が大きいというところでした。

ネットではFacebookやYoutubeなどでほぼ世界共通で同程度の情報が手に入るようになりました。その点では国による情報の差はかなり小さくなったと言えるでしょう。それよりも世代間での差の方が大きいということです。

このことが身近な僕たちにはどういう影響があるでしょうか。
なかなか興味深い記事でした。


 

袋ラーメンを食べてみた!

 


こんにちは!
普段から他の会社で何を特徴としてやっているのかに興味がある足立です。


昨日はとある会社のブログを見ていたのですが、その会社で取っている施策として 『オープンカーを購入したら1万円支給』という驚きのものがありました。

『移動時も楽しく移動できるように』、とのことです。その会社はどうやら多くの方がクルマ好きのようで、このような施策が『特徴ある人材』を呼び寄せているのではないかと思いました。

何か僕たちの会社でも特徴ある何かがなければ、スペシャルな人材は来ないんじゃないかなと感じた次第です。

 

ラーメン比較!


IMG 5049
家にこの3種類のラーメンがあったのでこの際どれが美味しいか食べ比べをしようということになりました。

左から 日清のラ王マルちゃんの正麺サッポロ一番の頂 です。

 


結果、途中で味が分からなくなってダウン!!



質より量派の僕には難易度が高かったようです。


途中まで覚えているのが

ラ王は他の2つよりも麺が若干細く、スープの味もスッキリ系でした。
この中でどれが一番好みだったかというと一番右のサッポロ一番の 頂 でした 。
特に麺は固めであるアルデンテ状態がベスト。
嫁さんはタマゴ感のあるラ王の麺が良いって言ってましたね。

 サッポロ一番とマルちゃんの物はスープに独特のクセがあり、それを気に入るかどうかじゃないかと思います。
個人的には「クサイ食べ物はウマイ」ということを再認識。

あと少しずつ食べないとダメですね。
空きっ腹だったのでガッツリ食べてしまい、 途中で目的を失ってしまいました。


では今日は大阪でセミナーを受けに行ってきます。