島銀さんの経営アカデミー企業視察


みなさん、こんにちは。
わさびチョコレートを蒜山のPAで発見して衝動買いしてしまった足立です。
IMG 1145
これですね、わさびチョコレート。さて、早速開封してみましょう。

IMG 1147
おおっと、これは驚きのウグイス色!
開けてビックリするのはまずそのカラーリングでした。

ホワイトチョコの色に近いのですが、若干緑がかっているという。


で、肝心の味は想像以上にワサビが効いていてしっかりツーンと刺激的でありながらチョコの味もしっかりするというバランスの良さ。


しかし、個人的にこの味を好むかというと、うーむ、悩みますね。
インパクトという点ではかなりのものがありました。


経営アカデミー企業視察


さて、今回淡路島の瓦屋さん、倉敷の醤油会社、児島ジーンズストリートを見てきました。

行って感じたのはテーマが「逆境に対してどうするか?」というところにあったと思います。

瓦も醤油も生産量は年々下がっていて、規模はかなり縮小してきています。
また、シャッター街だったところをジーンズストリートとしてジーンズ専門店を誘致して復興させるなどただでは転ばない経営手法はさすがに唸らされました。

さて、今回瓦の写真が多いです。
IMG 1118
瓦の素材をベースにいろいろな商品開発をされてました。

IMG 1116
これはコースターですね。トンボのデザインで質感もかなりあり、凝った作りをしていると思いました。


IMG 1120
こういったインテリアにもエクステリアにも使えるのが瓦の素材の特徴でしょうか。

IMG 1121
インテリア関係。

IMG 1125
さて、鬼瓦ですが、鬼瓦を作る人は「鬼師」と呼ばれるそうです。
初めて鬼瓦を作っているところを見ました。粘土のように作っていたのが印象的です。
ただ焼けば縮むのでその辺りの計算が経験を詰む必要がありそうです。

IMG 1126
このような感じです。
IMG 1115
完成したらこのような感じに。まさに職人芸を感じます。

IMG 1129
鬼瓦はたくさんありました。この繊細なつくりは芸術ですね。
いろんなデザインがあって見ていて飽きないです。

IMG 1131
こんなのよく作ったなぁ、と感嘆します。

IMG 1133
こういうのもあるんですね。

IMG 1134
鬼瓦は厄除けが目的でありますが、福を呼ぶタイプもいいですね。


IMG 1135
写真だと伝わるか分からないですが、立体感や質感がハンパじゃないです。

IMG 1138
鬼瓦は下を向いて作られるそうです。
だから鬼瓦と高さを平行してみるとこのように目が見えません。

IMG 1137
下からのアングルで目が見えます。
見上げて見ることがほとんどなので、下を向いているというわけなんですね。

IMG 1139
焼く時はこうやって焼くようです。

IMG 1140
瓦で作った表札なんかも味があっていいですね。

IMG 1136
我が家の家紋もありました。丸に抱茗荷(まるにだきみょうが)です。

IMG 1144
たまたま小さいサイズの家紋がありましたので一応購入。

IMG 1146
さて、醤油会社です。この醤油をかき混ぜているところですが、このタンクのようなものは深さ3メートルあって、相当な量の醤油がこのように作られていきます。

意外だったのが、醤油の全国の生産量はどんどん減っていっているようで、どこも厳しい状況のようです。
他社とのコラボや海外販売で活路を見出している姿が印象的でした。


児島ジーンズストリートももともとはシャッター街となってしまったところを復興させていく歴史を聞いて、いろいろな苦労があって今の状況が成り立っていました。


同じように我々住宅業界も年々着工棟数は落ちていっている状況です。
その中で逆に引き渡し件数が増加しているのは皆様のおかげであると痛感しています。

今後も引き続き身を引きしめてやっていこうと思いました。



中央建設は2014山陰ビルダーNo.1となりました!



住宅産業研究所様が発行している「ホームビルダー経営白書」という資料があるのですが、
そこに2014年の山陰の住宅会社の受注状況が発表されました。

以下に記事の内容を当社の部分だけ載せたいと思います。
(無断で他の企業さんのところを載せるのは問題があるのでモザイクをかけています)

IMG 1068
島根県では中央建設は55棟から70棟に増加しています。
ありがとうございます!


IMG 1070
一方鳥取県では45棟から40棟に減らしましたがタイで1位になっています。
2015年はまだ発表されていませんが当社は鳥取で著しく増加していますのでほぼ間違いなく2015は鳥取で1位になっていると思います。

IMG 1064
このように島根鳥取の山陰両県での実績棟数では山陰ビルダーNo.1となりました。


これも低価格でありながら高品質を追求してきた結果をお客様が認めていただいた結果だと感じています。


なかでもニコニコ住宅ゼロキューブが人気です。


これからも引き続き手頃な価格でより良い住宅を目指してい行きたいと思いますので、
今後共よろしくお願いいたします。


ニコニコ住宅


Nikonikogaikan
外観

Naikan2
リビングキッチン

Naikan
ユニットバス

ゼロキューブ


 Zerogaikan
外観

Zeronaikan
リビング


 

出雲産業フェア2015に行ってきました



こんにちは。先日出雲ドームで開催された出雲産業フェアに行ってきた足立です。
行った目的としては


1.どんなお客さんが来てるか
2.興味深い企業はあるか

です。




さて、さっそく私めが気になったところをご紹介していきましょうー。

IMG 0985
まず圧倒的な存在感を放っていたフェラーリです。
まず気になったのがなんのワックスなんだろうっていう。
ヌメヌメ光る感じが普通じゃないですね。

エンジンもかかってたんですが、暖気が終わってたとは思うんですが排気音はかなり静かでした。

IMG 0986
サイドビュー。
さすが、このフォルムと屋根位置の低さは他の車には真似できないですね。
ヤバさを感じます。
ただ個人的なところを言えばフェラーリと言えどもノーマルだと若干スカスカ感といいますか、腰高感ありますね。
タイヤとフェンダーの隙間、サイド。
ローダウン、サイドステップ、リップこの辺をイジれば地を這うようなゴキブリ型になって素晴らしいと思います。




ま、買えないんですけどね。




プライスカードもあって確かうろ覚えだけど3,300万ぐらいだったような。。。



ええ、もちろん山陰だとそれで土地と家が余裕で買えます。


ともあれ見るだけでなんか「仕事頑張ろう!」っていう気持ちになれるのはこの車が持ってる魔力なんじゃないでしょうか。


出展ありがとうございました。
頑張ります。


IMG 0984
さて、話は戻って入り口はこのような感じで。

IMG 0987
出雲ドームの骨組みも御覧ください。木造でこのドームはできています。いやぁ、素晴らしい。
そして美しい。。。
さすがに建築の美というものを感じます。


よくこんなの作ったなぁ、って思います。

IMG 0988
写真だと見えにくと思いますが、いたるところに建築の技術が結集されていますね。
木造でここまでできるというのは全国各地で紹介されている出雲で誇れる建物です。






さて、ここからは私が気になったところをご紹介していきたいと思います。
IMG 0989
出雲工業からの出展でリモコン操作してボールをゴールさせるマシン。
そのキュートなフォルムに親しみがわきます。

IMG 0990
業務用のペレットストーブ。

IMG 0991
飛行機操縦の疑似体験。


けっこうハードランディングさせちゃってましたが、ちゃんとタイヤ痕もあってリアルなんですね。

子供向けの工作やこのような体験ものがウケがいいと思いました。
このような体験を通して子どもたちが夢や目標を持ち、それに目指していく。
そのような場の提供が良いと感じました。




IMG 0992
あとけっこう個人的に好きだったのが、この「コケ」
コケの美しさをある建設会社さんが展示していました。
「あ、本当にこういうのが好きなんだな」っていうオーラみたいなのが出てて同じ業種でありながらこのような道を歩んでおられるその姿勢に驚嘆でした。

こういう自分の好きなことをビジネスとしてやってみたいというのは誰しもあると思うんですが、やるのは簡単でも継続して長続きさせていくっていうのは凄く難しいことなんですよね。


ということで非常に刺激を受けたブースでした。

IMG 0993
さて、出雲弁バリバリの安来のおじも来てましたね。
僕は初めて見たんですが、ずっとラジオでしか知らなくて今までオジイサンだと思ってたんで思わず脱帽モノでしたよ。。。
こんなに若いのかよ。。。


ていうか皆そのこと知ってるんだね。
岐阜から来たウチの嫁ですらも「そんなことも知らなかったの?(笑)」と。


知らなくてなんかスイマセン!
悔しいぜ!

IMG 0994
アメリカンマッスル。
いやはや圧倒的な存在感はスゴイもんですわ



ということでいろんな業種が勢揃いでかなり勉強になった一日でした。




 

断熱材の工場を見に行ってきました



みなさん、こんにちは。
IMG 0978
サブウェイにハマってる足立です。
羽田空港から出雲空港に帰る時は必ずと言っていいほど買って帰ってます。

これが唯一の楽しみであります。

IMG 0976
埼玉の断熱材の工場の視察に行ってきました。

IMG 0960
今回考えているのがセルロースファイバーという欧州の住宅でメインに使われている断熱材で、新聞紙を細切れにして壁の中に充填していくものです。
新聞紙と聞くと燃えやすいのかなと思うのですが、不燃材と湿気対策としてホウ酸を入れます。
このホウ酸という物質は自然界にあるものでその特別な性質から近年住宅業界ではシロアリ対策として使われるなどかなり注目されている物質です。


上の燃焼実験の写真ですと一番左がセルロースファイバー、その右がグラスウール、ポリスチレンフォーム、発泡ウレタン。


IMG 0965
表面が炭化しているだけで、少しほじってみれば中は全く燃えてないっていう状態です。


この動画だと左から2番目がセルロースです。


燃えた後、炭化した部分を剥がしてみた動画。


山陰にはこの断熱材の工場がないので高い輸送費をかけて運んでくるしかありませんでしたが、私たちがこの工場を作って今と変わらない価格で提供していきたいと考えています。