会社診断の結果:格付AA


先日、とあるコンサルタント会社での当社の診断結果です。

IMG 0135
決算の状況で格付けがなされます。今回は最高ランクの「AA」をいただきました!
決算書は主に3つのものから成り立っていますが、
損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書、この3つのから収益面、安全面、運転資金面をもって判断されていきます。

この厳しい経済環境の中にあってみんなの頑張りのおかげだと思います。
消費税増税後、駆け込み需要の反動で全国の着工戸数は約1割下がりました。
そんな逆風の環境下で私たちは増収増益を達成できて、このような高格付けをいただけたのは非常に意味のあるものだったと感じます。



さすがに全部お見せすることはできないですが、当社で家を検討していただいている方は安心していただける内容であることだと思います。


良い間取りを求めてミーティング


IMG 0144
ここ数ヶ月行っているこのミーティング。
主に収納の多い間取り、2世帯、平屋などについて研究しました。

IMG 0145
間取りも年々新しいものに変化していってます。
僕たちも必死に勉強です。



新潟へ講師として


先日、新潟へ行ってきました足立です。
内容としては会社内で新しい取り組みをするために外部の人が話したほうが良いということはよくあります。

要するに「社長の話はあんまり聞かないけど、外部の人の話はよく聞く」、 というところです。
この気持ちは痛いほどよく分かります。


僕も会議とかで何回も同じ話をしたりしますが、正直内心話し聞いてないな、と思うこともよくあります。 

これは社員がどうこうというわけではなく、マンネリした雰囲気だったり、今までのやり方から変えたくなかったりいろいろな状況や環境がそうさせています。


だから私たち中央建設も外部の人からメッセージを伝えてもらう、というのはよくあるんですね。 


IMG 0070
さて新潟で取り組んでおられるこのような戸建賃貸を最初に見せていただきました。



IMG 0071
大変勉強になります。

IMG 0075
中は1DKに近い間取り。屋根裏部分にロフトがあるのが大きな特徴でした。
またクロスもとても立体感のあるタイル模様のクロス。これ、けっこう間近で見ないと平べったいというのが分からないくらいの質感でしたね。

IMG 0076
秘密基地的なロフト部分。ワクワクする感じ。気になる家賃も55,000円と非常にリーズナブル。

IMG 0083
また同じ敷地内にドラゴンボールを連想させるドームハウス!
完成した時にぜひ見たいと思いました。
というのも何年か前にそこそこ真剣にドームハウスをできないか考えたことがあります。

さすがにこの山陰では受け入れられる可能性は非常に低いということで断念したんですが、この新潟は街のレベルは圧倒的に山陰より上なんですが、天候や郊外の雰囲気は山陰と非常に似ていて、もし新潟で流行るなら考えてもいいんじゃないかなと思った次第です。


しかし、このチャレンジ精神はスゴイと思いましたね。

IMG 0089
また、そのドームハウスの隣では新社屋の建築中で(ほぼ完成)、いいですね〜

IMG 0099
さて、メインの今回のプログラムは約4時間ぐらいの内容となりました。出雲店の店長と一緒に講演をしました。

IMG 0097
新潟のカキ。大きさとハンパじゃない美味しさ!

IMG 0098
新潟で有名らしいんですが、この「麻婆メン」で締め!
麻婆の下にラーメンの麺が隠れています。
初めて食べました。

しかし、このシンプルな麻婆ですが殺意を感じる辛さ!(聞くところによるとさらに上の辛さがあるらしいんですが・・・)


それにしても山陰でもマーボー麺は流行って欲しいですね。



古寺社長ありがとうございました!


家に帰れば自動的にカーテンが開き、照明がつくEvent Trigger


なんか興味深い記事を見ました。


「Event Trigger」でHomeKit対応端末が帰宅と同時に一斉に動き出す




iPhoneの新しいOSでiOS9ではEvent Triggerと呼ばれる機能が追加されるそうです。
この記事を読んで面白そうだなと思いました。

要するに家に帰れば、家の照明がついたり、カーテンが開いたり、風呂を沸かしたりスマートフォンと連携していろいろと自動的に動き始める設定ができるようになるみたいです。


これぞ本来の「スマート(賢い)ハウス」ではないでしょうか。

現在出ているスマートハウスというと多くが現在の消費している電力を表示したりとか太陽光ソーラーがどのぐらい発電してるとかといったものばかりでした。

正直、「どこがスマートなの?」っていう。
ただの電力状況確認システムであって、そんなに生活が便利になったりするものではありませんでした。


しかし、「家に到着した」ということをもって自動的に玄関ドアが開いたり、風呂が沸き始めたり、炊飯器がついたり、エアコンが作動し始める、部屋に入ったところだけ照明がつくなどすればようやく本来の「スマート(賢い)ハウス」 になれると思います。


あとは金額だと思いますね。

一般的に売りだされる家電、建具などにWifi機能が追加されていくでしょう。
月々の電気代は間違いなく上がると思いますが、これを機に面白い住宅の機能が追加される可能性がありそうです。


まああとは価格との勝負でしょう。
金額が低くないとこの山陰では普及は伸び悩むと思います。 

「Event Trigger」でHomeKit対応端末が帰宅と同時に一斉に動き出す

 






イメージ力、めっちゃ重要


ウチの小2になる娘の目標の一つは「小学校を一回も休まない」というものがありました。
1年生の時は何とか毎日行って目標の階段を上がっていました。

しかし、昨日ついに胃腸風邪になり学校を休むことになり、今まで努力していた目標は達成が不可能となりました。


正直言って、これが現実だと思います。


世の中自分が頑張ってもどうしようもないことがあります。
でも「努力していた過程は無駄」にはなりません。
目標達成をイメージして日々頑張っていく、その頭の中で想像していることを追い求めることが重要であります。


もし目標なしで生活してることを想像してみてください。


味気ない人生で終わってしまうことでしょう。


将来は「このようになっていたい」このようなイメージを持つことがまず第一のステップだと思います。



そして父親として次の目標を与えていくのが今の僕がしなければならないことだと思います。






IMG 9971
話変わってご近所様とBBQをしました。一緒に地域の川掃除をした後だったのでよりおいしく!


IMG 9948
さて、来週間取り研修に行ってきます。
より良い間取りを求めて良い物を持ち帰れたらと思います。


僕はそんな感じで「質の高い住宅を安く」提供していきたいと考えています。


フルオーダーの家では安くなるのに限界があります。
僕たちの「新しい家づくりの仕組み」をより強化して世間の常識を突破したいと思います。


木鶏の意味とは?




今まで何度も木鶏会の写真は上げていますが、

IMG 9905


IMG 9906
リーダーを決めるときのジャンケンはいつもハラハラ。

IMG 9907
隠れた能力が発揮されることも。写真は聞き入ってしまうダンディーボイスの茅野さん。




さて、もう一度木鶏の意味をおさらいしておきたいと思います。

124505788425216302964
木鶏とは文字通り木彫りでできた鶏、それも闘鶏です。

木で出来た鶏のように微動だにしないですが相手の鶏はそれを見て逃げ出すほどの強さ、オーラを持った闘鶏のことを指します。

詳しくは下のリンクを見てください。
木鶏Wiki



木鶏会とは最終的に「木鶏のようになろう!」というものですが、長年僕は木鶏会と木鶏会の趣旨である「美点凝視」がどう関係があるのか謎でした。


やっていれば気付いてくるだろうと思っていましたが、あくまで個人的にですが、ここ最近その答えを見出しつつあるように思います。


それは「人間の木鶏の領域とは『謙虚』なのではないかと感じてきています。


木鶏会で何を得るのかは人それぞれではあると思いますが、

人の悪い点を見るのではなく、良い点を見つける美点凝視を続けていくと「相手のおかげで自分がある」ということに気付かされます。これ即ち「感謝の念」であります。

人が傲慢や高慢にならない一つの要因は感謝することにあります。


常に驕り高ぶることなく謙虚に謙遜に。


僕はそのような姿を人の木鶏状態と位置付け目指していこうと思います。