ニコニコ住宅は久留米でも発足する件について


最近、某うどん屋の某Wカツカレーうどんに!
IMG 8045
このウドンのポイントは並盛りで充分腹が満たされるところですね。あとはネギをドーンッ!と乗せて、ショウガも何となく健康に良さそうな気がするのでバサッと入れて、590円とワンコインでないところが痛いですが、トンカツの衣ににカレーが染みこんで最後に食べるトンカツがサイコーなんです。

最近某カレーうどんにハマりつつある足立です。こんにちは。



久留米建設様との合同勉強会


IMG 8055
九州の久留米にてニコニコ住宅を3月にオープン予定なので遠く九州からニコニコ住宅について勉強に来てくださいました。
ニコニコ住宅の全国への広がりを感じる次第です。

現在では全国で静岡県、愛媛県が既に取り組んでおられます。


山陰でも最初は「ニコニコ住宅?変な名前だな」という意見も多くありましたが、何だかんだ言ってこの山陰ではかなりの棟数を施工させていただいていて私たちが山陰でも住宅トップビルダーの1社として押し上げてくれた要因の一つとなっています。

その経済効果、住宅を通して労働の供給などある程度の規模になってきたと私は感じています。

IMG 8057
「教えることは学ぶこと」=つまり自分がよく知っていないと教えられない。
そういうこともあり、勉強会にしても日々の業務にしても教える機会というのを多くしています。

この勉強会では決して上から目線ではなく、普段のしていることを惜しみなく教えることが発揮できたのではないかと思います。

入社して数年の若い社員も新卒の子であっても堂々とやっていたところはそれぞれの場数と経験を積み重ねることによる成長を感じた次第であります。



そして久留米建設さんスタッフのモチベーションの高さと貪欲に学んでいこうとする姿勢、新しいことにチャレンジしていく意気込みは私たちも感化され見習うべき点であり、改めて初心に帰って家づくりをしていかなければならないと思いました。

地理的には遠くはなれていますが、辛い時にはお互いに支え合える関係としていければと思います。


島銀さん経営アカデミー

昨日は島銀さんが行っておられる若手経営者向けセミナーである経営アカデミーに参加してきました。
毎年企画されていて、6回のセミナーがあります。
そこで経営者としての理念、目標設定や決算書に関しての勉強、モノづくりに対しての姿勢、ノウハウなどを学びます。

近年私が設定する理念や目標、良い物を作っていこうという考えはここを通して学んできたことが多いです。

また、日々の日常業務に没頭してしまうと中長期的なヴィジョン、備えなどが疎かになるので、こういうセミナーが大変有意義であると思います。
IMG 8068
さて、昨日は潰れてしまったネジを掴んで回すペンチを販売されている株式会社エンジニアの高崎社長様の話を聞くことができました。
モノづくりに対する重要なポイントやMPDPなど重要項目を教えていただき、自分たちももっと活かしていきたいと思いました。



そのペンチはこの動画を見ていただく方が僕が説明するより分かりやすいと思います。


最後にジャンケン大会があり、買った人はこのペンチがもらえる、というゲームがあったのですが、
最初の1回のジャンケンで敗退 → 即退場。



やはり人生甘くないですね。



最後に当社の社内検査の模様の記事がアップされていましたのそれを御覧ください。

社内検査の模様

スクリーンショット 2015 01 29 13 21 05




責任という言葉について



責任という言葉は人によって解釈がかなり異なり、「何となく」な感じで認識している人が多いのではないかと思います。
私は数年前に「責任」という言葉の意味について大いに悩み、いろんな人に意味を聞き、自分にとって責任という言葉がどうプラスに働くかを考えました。

今回責任という言葉について前から書こうと思っていたので私が思っていることを書きたいと思います。


まず最初に一般的な意味なのですが、これがネットで検索してみてもいろんな解釈があり、辞書によっても非常に分かりづらい表現がなされているものがあったので、その中でも理解しやすいものを貼ってみます。
 

せき‐にん【責任】(goo辞書より)

 立場上当然負わなければならない任務や義務。「引率者としての―がある」「―を果たす」
 自分のした事の結果について責めを負うこと。特に、失敗や損失による責めを負うこと。「事故の―をとる」「―転嫁」
 法律上の不利益または制裁を負わされること。特に、違法な行為をした者が法律上の制裁を受ける負担。主要なものに民事責任と刑事責任とがある。



私が考えている責任の意味とは以下の2つのこととして捉えています。

 求められている状態にする
 本来あるべき状態にする、戻す

 

1 求められている状態にする


人にはいろいろな役割が与えられています。
仕事の中での役割もそうですが、家族の中での役割、兄弟の中での役割、いろいろあると思います。

例えば仕事では会社から求められている数字であったり、目標であったり、テーマなどがあると思います。それを求めらている水準まで持って行くこと、これが「求められている状態にする」ということです。

家族の中で父親としての役割、母親としての役割があると思います。
そこでは子供を養うという求められている状態があるとすると養っていくために必要な物を揃えたり、子供が独り立ちできるように教育をしていったり、問題が起きれば元通りにしていくという行動が親としての責任にあたると思います。


もちろん仕事をして生活費を稼ぎ、それを元に子供を育て、教育していくというのは親としての責任を果たしているとみていいでしょう。

さらにどのようなことを家族の中で求められているのか?
これを考えることもまた重要です。


その結果、「この人は責任感がある」ということになるのです。そしてその責任を継続的に果たしていくことにより「この人に任せておけば自分が求めている状態になる」「信頼」という言葉に発展していくのです。
 


お父さんはいつも家事をしない、となれば奥さんから見れば家事に関しては無責任な夫だと見られるわけです(これは僕のことですが!)



銀行のローンもそうですが、銀行はお金を貸したら決めた金額を定期的に払ってもらうように求めています。
それをしっかり継続的に成し遂げていくことにより銀行との信頼関係を醸成していくことができるようになるわけです。


求められていることを果たしていくことにより信頼関係をより高めていくこの関係性、これは責任を考える上で非常に重要なポイントになります。



2 本来あるべき状態にする、戻す


1のところで求められることを果たすと書きました。
しかし、いつも上手くいくわけではありません。

時には失敗したり、時には自分ではどうしようもすることができない不可抗力が起こったり、人生とは様々な予測不能に近いことが起こります。
しかしこの時に責任とは「本来あるべき状態に戻す」が効いてきます。


求められることを達成できない時、責任を取って辞めるという話はよく聞きますが、辞めるだけで本来あるべき状態に戻ったり、求められている状態になるのならそれは責任を果たすということになります。

対して、辞めても何ら改善することがないとなれば責任をとって辞めるということは無責任なこととなります。


状況によっては辞めるのが相応しくない時もあることでしょう。
その時は本来あるべき状態にする、戻すための施策を行っていくことになります。


他の例としては、
何か壊してしまったら、それを元に戻す。本来の機能がある状態に戻す。これが責任につながっていきます。




私の責任


会社内

創業者と後継者では同じ経営者でも力を注ぐ点が異なってきますが、経営に参画しているという点で共通してくるのは

1.会社として人々の役に立つ商品、サービスを提供すること
2.会社に仕事をもたらすこと
3.地域に仕事を提供する対価として会社として金銭をいただくこと
4.中長期的なビジョンを示すこと
5.社員を養うこと


家族ー父親としてー

1.金銭的に家族が困ることがないようにすること
2.いつも笑顔、健康でいること
3.問題が起きれば解決すること
4.結婚時の約束を果たすこと。妻を良きパートナーとし、愛し続けること




そして出てくる「自己責任」という言葉


先日、人質に囚われている日本人が殺害予告を受けるという痛ましい事件が起こりました。
この話を引用するのは非常にデリケートで自分の意見を述べるのは大変躊躇するところですが、ここではあくまで淡々と書いていこうと思います。



本人は自己責任で行くということですが、もし自分がこの事件の当事者であれば「身代金は払うな」、という意味で言うと思います(軽々しくこのように書くことはできませんが)。

その場合はもちろん死を覚悟して行くわけですから相続や自分の葬式の準備もして行くことが前提になることでしょう。


しかし、それが自分だけの範囲で収まればいいのですが、いったん捕まり身代金などを要求されれば日本という国としての責任も発生してきます。日本は憲法によって人質に対してどのようなことをしていく責任があるのかは分かりかねるところがありますが、このようにして自分の範疇以外のところにも影響を与えていくことになります。



【全文】イスラム国拘束・後藤健二氏の母親が会見「息子が解せない」(ログミー)

6853
自分のところにまだ出産したばかりの奥さんを置いて、そして生まれたばかりの乳飲み子を置いて、出かけていったのだと思います。 昨日、その奥さんと名乗る方と初めて電話で交信致しました。
そして私が驚いたのは、赤ちゃんを産んで、まだ2週間も経っていないということなんです。
私は健二に憤りを感じました。何故、そんな乳飲み子を残しながら行くのかということ。
友達が、友人がと言っても、その2週間した経っていない子どもを守ってあげるのは、親しかいないじゃないですか。心優しい子、正義感に燃えている子と申しましても、なんかそこのところがちょっと、解せませんでした。


言葉を抜粋して引用しましたが、ここでこのお母さんは父親としての責任を問いておられます。
つまりこのケースでは「自己責任」とは友人を救いに行くよりも家族を優先することが父親としてなすべきことであると言っています。

この部分に関してまさしくその通りであると思います。




最後に


普通に生きていれば人は責任を与えられていきます。
それは自分が受け入れなくても勝手に周囲からそういう期待を持たされます。

ある意味生きている限り責任からは逃れることはできないでしょう。
しかし、これは成長の機会でもあります。

求められている状態にする、本来あるべき状態にする、戻す。

それを前向きにイメージし、達成しようと突き進む時に自分では想像もしないような奇跡的なできごとが皆を助けてくれることでしょう。
私は責任という言葉に上で書いたような意味で捉えるように気付いてから物事を見る目が変わってきました。

ぜひ、責任に押し潰されることなく立ち向かっていっていただきたいと思います。





何か変なこと言ってるよ


こんな記事が・・・

消費税、毎年1%引き上げを=「10%」後も-同友会提言

経済同友会は21日、財政再建の提言を公表した。2020年度に国・地方の基礎的財政収支を黒字化する政府目標を達成するには、社会保障費を毎年5000億円減らした上で、17年4月に消費税を10%にしてからも毎年1%ずつ引き上げるなど抜本的な改革が必要だと主張している。提言では消費税増税について、24年に17%になるまで続けるよう求めた。同友会は、政府が今夏に出す予定の同収支黒字化に向けた行動計画に提言内容を反映させたい考えだ。提言は、経済成長による税収増は4兆~5兆円程度で、毎年40兆円生じる財政赤字を穴埋めできないと強調。成長と歳出削減、歳入拡大による「三位一体の取り組みを総動員することが必要だ」と指摘した。(2015/01/21-16:04)


重税に重税か・・・どんな提案なんだよ。
何か他に案はないかな、と。
 
確かに日本の財政はかなり問題を抱えてると思います。

日本が国債を発行する大きな理由の一つに社会保障の部分が多いです。
つまり今私たちが受けているサービスは借金で成り立っているということです。
病気になった時や仕事を失った時、年金など多くのサービスを受けているわけですが、そのおかげで世界から見ても生活水準も高く、安全で、格差も少ないのは日本の特徴の一つです。


この前もアメリカの人が言っていましたが、日本はホームレスが圧倒的に少ない。さすがに都会に行けばいるけど山陰ではいないし、ほとんどの人がそれなりに生活ができている。と言うのです。


 

リストラばっかり考えていた


日本がなかなか復活しなかった理由の一つに僕が思うのは多くの企業は新しい魅力的な物を世に出すことよりも今の売上の中でなんとかやりくりしようという会社の再構築(リストラクチャー)ばかりやっていたことです。

これではさすがに進歩はしないと思います。

また、新しい魅力的な商品が世の中で受け入れられるというのはとんでもないぐらいの爆発力を持っていて、売上、利益に関しても今までやっていたことが何だったのか?というぐらいの力を持っています。


僕たちの会社でもそうであるように、ニコニコ住宅やゼロキューブにしても会社内にかなり大きな良い影響を与えました。



日本にも何かしら革命的な画期的なものができるんじゃないかと思います。
もしそれがうまくいけば今までの苦労は何だのだろうかと振り返れるはずです。


将来、あの頃は苦しかったねと言えれる未来を望みます。


 

今日は浜松へ


今日は浜松で役員クラスの会議がありました。
今宿泊先のホテルからブログを書いています。

役員というと色々なイメージを持たれると思いますが、それは孤独な場面はかなり多いです。

なかなか相談できる人も少ないため、ひたすら忍耐な時も。

僕にとってこの会議はいつも質問を準備していきます。
全員が先輩なのでどのように苦境を乗り越えてきたのかは大変参考になります。

また、意外と同じ悩みを持っていることや経験をされたりという点でも心が和らぐ瞬間があります。


LINE-Xという塗料


最近メディアで取り上げられたりすることがあるLINEーXというコーティング剤の話を聞きました。
ここで説明を書くよりも下に貼り付けた動画見ていただけたら一目瞭然なのですが、物体に塗ることにより驚異的な強度を得られ、衝撃や爆発にも耐えられるというものです。
IMG 8001
1ミリ厚のサンプルはこのようなもので、こんなものでいいんだという感じです。


動画はネット上にかなり出ています。
これは体重の重い人がLINE-Xを塗った紙コップの上に乗るという実験動画です。


今回はこのコーティング剤を住宅に活かせないか?ということでした。

住宅にはかなりオーバースペックな感じですが、お金かけても命を守らなければならない建物、状況においてはかなりの性能を発揮してくれることでしょう。



さて、これから寝よう。

東京オートサロンに行ってみ・・・たかった!


ゼロキューブについて最近思うのはお客さんは車かバイク好きな方が多い気がします。
ゼロキューブの全国大会でもそういう方が多いと言われていましたが、この山陰でも振り返ってみるとそういう傾向があるようです。

関係ない話なんですが、今東京オートサロンっていうクルマ好きなら行ってみたいイベントがやってるんですが、僕も人から誘われてたけど、仕事になるのでキャンセルという運びとなりました。
Garege
でも車だけじゃなく、今回はこういうガレージが出てるらしいという情報をキャッチ。





行けばよかったか・・・





知人にカタログをもらうようにお願いしました。



ここから先は僕の頭の中にある空想上の「僕ワールド」の話なんですが、変な奴だと思われると思うんですが、




僕は味も素っ気もない、人から何を楽しんでるの?と言われます。


それもそうと、僕はタバコもコーヒーも酒もゴルフもパチンコなどのギャンブルも女遊びもしない。
ちょっとパズドラやるぐらいでけっこうつまらない人間です。



でも、でも唯一、唯一僕が好きなことが、夜な夜な人が寝静まった頃、僕は活動を開始し、洗車するんです!

洗車が好きなんじゃなくて、バチッとキレイになった車を眺めるのが好きなんです。





日が出てる時は仕事か子供の相手。
だから夜しかない。

IMG 7746
で、この気温が下がる今の時期が地獄なんです。
コイン洗車じゃ満足いくほどキレイにならないので手洗いじゃないとダメ。


大体無風で気温3°ぐらいまでなら洗車できる感じですね。


気温1°ぐらいになってくると洗車してる最中にボンネットやらルーフやらが凍結してくる。


まさに格闘技。
だけどそれが終わった後に眺めるのがマジでサイコーなんです。




で、ガレージの中で、

IMG 7968
こんなホイールとかラックに載せて飾るんです。
これ眺めるだけで飯が食えるっていうもんです。

IMG 0508
僕の秘密な趣味として(書いたら秘密じゃないか)
こんなA-2っていうんですが、フライトジャケットとか、

IMG 0504
こんなエアロレザーの馬革のジャケットなんかハンパじゃないクオリティでもう10年以上着ています。
この手のジャケットが好きな人は牛革じゃダメで、ホースハイド(馬革)でなければなりません。ホースハイド、それは麻薬のような言葉です。

IMG 4335
ワークブーツも大好きですが、家族からは「このドカ靴どうにかしろ!」言われて、
涙流しながらどこか狭い暗い空間に押入れとかに押し込んで、ラッカーフィニッシュの革の仕上がりは飾って見ておくだけでもウットリできる世界です。

IMG 4333
ホワイツブーツはどれも踵のカーブラインが芸術的で、それを見るだけでお腹いっぱいになれる感覚。こんな質感を持ったワークブーツを何十年も前から作ってるアメリカのワークマンシップというのをイメージするだけで家づくりに活かしたいな、と思うわけです。

IMG 4334
ウエスコも素晴らしいブーツを世に出していて、

履く→オイルでキレイにする→飾る→ウットリする。この好循環!



これらを見ても誰も「わあースゲー!!すげえッスよ!!!」とはならないと思うんですが

10698653 727446780625692 2249823434170504570 n
(※http://www.garage-style.com/さんより転載)

Garage2

それらのコレクトしてきた物をガレージの中に飾って

「うわやべぇ、これマジでヤベェよ・・・(心の声)」 

と自分のヤバイ世界にどっぷり浸かって空想していきたいのが僕の一つの夢であります。



ま、でも洗濯物干しの場になる可能性は高そうですが!




これが僕の原動力でありガソリンとなっています。



でもこういうのは誰しもそれぞれが心の中に持ってることなんじゃないかと思うんです。




それを皆の束縛された心の片隅に追いやられた夢を解放し、叶える!
叶えるのをサポートする!!



で、そろそろ家の話を


 夢をかなえるというのは感動するし、達成感もあるし、あの感覚は非常に重要だと思います。


中央建設のお客さん、ニコニコ住宅のお客さん、ゼロキューブのお客さんは


「ま、とりあえず見といてやるか」とか


「どんな家を建ててるんだろう」とか


「もしかして家が持てるかも」とか


いろいろあると思います。



家を必要としている人の夢を、それをできるかぎり実現できるようにサポートしていくのが私たちの役目だと思います。



「ニコニコ住宅、ゼロキューブに行けば夢がかなうかも。」

そんなところを最初のゴールとしたいところです。


 
今当社ではモデルのオープンなどがありますがWEBもしくは電話でご予約をしていただけると大変助かります。
ご協力をよろしくお願いいたします。



ニコニコ住宅予約ページ
http://niconico-jutaku.com/form-event 

各店舗への連絡先ページ
http://www.ckg.jp/company/shop.html

TEL:
米子店0859-37-6220
松江店0852-55-8800
出雲店0853-22-0002
浜田店0855-23-3623
※定休日:木曜日 



 

世にも奇妙な定食とは何なのか?


突然ですが、先日の忘年会での台湾料理の記事、これの解説を少ししたいと思います。

IMG 7899
写真で見ると大したことのないような量に見えますが、実際に目の前にするとその大きさに圧倒されます。
「これが胃の中に入るのか?」と。


まず普通の人ならばラーメンで腹は満たされると思います。

そこにチャーハンが来て、鶏唐が4個(ちなみに1個がゲンコツサイズ)、そしてサラダ、圧倒的に足りない口直し的な漬物、トドメの心臓破りの杏仁豆腐。


こんなについて980円ッ!

これを安いと取るか高いと取るかはあなた次第!









アラサーの人ならばラーメン、チャーハンを食べたぐらいで箸を置きます。
そこからの唐揚げに唖然とし、杏仁豆腐で愕然とします。


そこで救世主シバニャンは現れた


当社期待の星であるシバニャンは昨日本社に来て会議が終わった後、



「そう言えば、何かブログで忘年会の記事書いてましたね。
何か腹が減りました・・・」
とポツリ。。。




食事に誘ってほしそうにこちらを見ている。。。(こっちを見るんじゃねぇ。)


僕は前回の忘年会で充分にグロッキーだったので今回はキャンセルさせていただき、他のメンバーが一緒に行きました。



そしてシバニャン、細い体つきの割にその大食漢はあまり知られていない生態である。




昨夜未明、僕のところにLINEが入ってきた


IMG 7961
まさか完食したのか!?




一枚一枚見ていこう。




S 5734420
フハハハ、さすがのシバニャンもこの量に苦笑いか。







S 5734421
あっさり完食!(笑)
むしろ涼風。なんか涼しい顔してる!

S 5734423
決めポーズでフィニッシュ!


この後、「マックを食べたい」と言っていたそうです。。。若いな。






S 5734423
CHANGE! YES, WE CAN!(変革の時、そう僕たちならできるさ)





木鶏会!



今日は37回目の木鶏会を行いました。
その後は全体会議。
IMG 7936
全体会議の中でケーススタディー中の画像ですが、今回は佐藤課長という人が登場人物で出てきて、「いきいき職場づくり」というプロジェクトを社長に任されて進めていくが上手く進まないというテーマでした。
最終的にはコミュケーションの悪さから人員一名から退職願が出るというケースです。

この場合、佐藤課長は何が悪く、どうすればよかったのか?
またそもそも社長はなぜこのような「いきいき職場づくり」などをやろうと思い立ったのか?
もし自分がこのプロジェクトを任された時はどのように進めていくのか?

といった内容のケーススタディです。

 

なぜこのようなケーススタディーをするのか?

僕はこのように考えています。

1.リーダーとしての良き選択
2.他業種、他社に勤めている場合の雰囲気を味わう
3.難題にぶつかったときの対応力

 
でも、まああんまり連続でやると飽きてくるので2ヶ月に1回ぐらいで。 

 

出雲大社へ


昨日は出雲大社へ。
IMG 7929
天気も山陰の冬には滅多にないぐらいの快晴!
また、久し振りのOBの方にも会うことができて縁を感じる次第です。
それにしても観光客は駐車場もいっぱいになるぐらい去年より遥かに多かった印象を受けました。




今年一発目のおみくじの結果!


明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

IMG 7924
さて、新年早々娘がおみくじを渡してきたので早速チャレンジ!


僕は最後の残り1個だったので、残り物には福があると言い聞かせて、、、、







IMG 7925
これだッ!


今年もよろしくお願いします!