ロシアからのガスパイプラインについて


長期的な国益を考えるならばロシアからライフラインのガスを買ってはダメです。
いざというときにガスの値段を上げてきたり、ガスは提供しないと交渉材料にされるだけです。
わざわざお金を払ってまな板の上でさばいてくださいと言う必要はありません。
欧州のようにクビの根っこをつかまえられます。


エネルギー問題は他の方法で解決するべきであります。




与党議連:6000億円の日露ガスパイプライン計画-領土交渉の切り札に – Bloomberg

ブルームバーグ – 世界の最新経済情報/金融ニュース – Bloomberg.co.jp

  5月28日(ブルームバーグ):与党議員33人で構成される日露天然ガスパイプライン推進議員連盟は、露サハリンから首都圏まで天然ガスを輸送するパイプラインの建設計画実現に向けて動き出している。

原子力発電所事故以降、原発に代わるエネルギー源の調達が急増するなかで、できるだけ安価に発電用の燃料を調達する必要に迫られているためだ。ロシアから長期契約に基づいて天然ガスを購入することで、北方領土を巡る交渉のカードにする狙いもある。同議連の竹本直一事務局長(自民党衆院議員)がブルームバーグとのインタビューで話した。 



求める人物像。



こんにちは。今日は着工式をさせていただきました。K様おめでとうございます!




 

求める人材像。それは先見性の有無。


さて、来年卒業する方たちへのメッセージとして当社が求める人物像についてお話したいと思います。

今年の会社説明会では「営業幹部候補」を募集しているとお伝えしています。
では普通の「営業」とどう違うのか?という点ですが、

簡潔に言えば「長期的視野を持って行動できるかどうか」です。

仕事は大きく2つに分けられ、日常業務と改善業務があります。
多くの人が日常業務を重視しますが、改善や長期的視野に立った仕事ができる人は非常に少ないです。
僕たちはこれからも良い家を建てていくには日常業務が得意な人だけではなく、先見性のある人を求めています。

今やっている仕事が5時間かかるところを明日も5時間、1か月後も5時間、1年後も5時間かけてやっていたのでは進歩も何もありません。



また、その人がどういう人なのかはある程度以下の3つにより分かることができます。

1.思い
2.言葉
3.行い

思いがあるから言葉になり、言葉があるから行いに現れます。


言葉で「はい」と言っても実行していなければ そう思っていないということです。もしくはそこに何か問題を抱えています。


次回の会社説明会では理系の人は少なく、文系の方が多いです。
僕自身は学歴は問いません。良い家をどのように考え、それに対して出てくる問題をどう予測し、乗り越えていくかの先見性が重要です。

そのようなA級プレイヤーと共に山陰で良い家づくりをしていきたいと考えています。



例えばつい最近起こったことで言うと昨日からアメリカのアップルが新しい商品を出すというニュースが出ていると思います。
このような展開のときにどう僕たちがどのような未来を予測し、より良い家づくりにつなげていくか?
このような発想と行動が重要になってきます。

アップル、今度は“スマートホーム”に進出 「iPhone」を利用するホームセキュリティシステムなど:JBpress(日本ビジネスプレス)

JBpress(日本ビジネスプレス)

フィナンシャル・タイムズの報道によると、米アップルは“スマートホーム”あるいは“スマートハウス”などと呼ばれるホームオートメーションシステムを開発しているという。

米カリフォルニア州クパチーノ市にあるアップルの本社〔AFPBB News

 アップルは6月2~6日に米サンフランシスコで世界開発者会議(WWDC)を開催する。これには同社の基本ソフト(OS)やハードウエアと連携するアプリ、サービス、機器などを手がける外部開発者が多数参加する。

 アップルはその会場で、ホームオートメーションシステムのソフトウエア基盤とその仕組みを発表する計画だという。

 これが実現すれば、アイフォーン(iPhone)やアイパッド(iPad)などを使って操作、制御できる照明システムやホームセキュリティシステムが登場するという。 

 

 

米子エリアで2位!


いつもありがとうございます。
先日このようなランキング表が建設関係の新聞に出ていたのをいただきました。
IMG 5741
米子西部地区で大手も含めての2位!他県では上位は大手が独占している県が多くある中で、鳥取西部地区では上位に食い込むことができました。これもスタッフ1人1人の努力の結果です。

実はこの住宅業界の会社のカテゴリー分けは概ね以下のようになっています。
※棟数は1年での施工棟数

1.大手ハウスメーカー(約3,000棟〜10,000棟)
2.大手ビルダー(約1,000棟〜5,000棟)
3.パワービルダー(一般的に大手ビルダーが資本提携などをして合併し大型化した形態。数1000棟〜10,000棟)
4.エリアハウスメーカー(200棟〜1,000棟)
5.ビルダー(2〜5店舗ぐらい、約30棟〜数200棟)
6.地元工務店(1〜2,3店舗、5棟〜40棟)

一概にも棟数で分けられてはいませんが、カテゴリー分けされるのに全国での展開度や店舗数、社会的信用、認知度などが影響してきます。

山陰では全国と比較すると圧倒的に施工棟数自体が少なく、このような分け方から大きくズレてはいます。

 

日本海系ビルダーの登場


日本海側では太平洋側とは違う特質や地域的な進出のしにくさ、人口の減少など大手ハウスメーカーにとっては魅力的な市場ではないため、地元の企業が活躍しやすい環境であると言えます。

また、近年では大手ハウスメーカーは新築事業からストックマーケット(いわゆるOBさんのところのリフォームなど)に軸足を移し始めています。これは既に訪れ始めている少子高齢化社会への対応の一環なのですが、それに付け加えて商品展開からして高額ハイテク住宅はとても地方都市で通用するような商品展開とも思えません。

日本でアメリカ車が売れないのは税金、大きさ、環境性能、ブランドイメージなどが価格とニーズに合ってないからであって、そこに対応をしてきた欧州車は飛躍的に日本で販売台数を増やしてきています。

別に批判をするわけではありませんが、車と似たようなことが日本の大手ハウスメーカーにもあると感じます。恐らくそのような方を想定して商売をしているのではあると思います。


さて、この地理的にも地元工務店は恵まれて非常にエリア外の企業が進出しにくい環境であります。そのようなガラパゴス的な側面から大手に負けない施工能力を持つビルダーが誕生してきています。

それが日本海系ビルダーと呼ばれたりしますが、数としては200棟〜500棟ぐらいで、店舗数も1〜5店舗と棟数の割に店舗数が非常に少ないのが特徴です。









土地視察


こんにちは。最近風呂でアイディアが浮かぶことが多いので防水機能のペンだとか、スマホカバーがいるような気がしてきてる足立です。スマホカバーで探してみると色々あるんですね。

スクリーンショット 2014 05 22 9 57 23
ゴツイものから袋に入れるようなものまで。


土地視察


IMG 5676
先日土地の依頼を受けたので見てきました。後ろの山の部分です。


IMG 5674
前面道路。住宅用の宅地にするには確認事項として土地がどのように道路と接しているかを確認していきます。もちろん併せて上下水道の有無、電気、排水をどこに流すかも対象に入ります。この場合道路の左側が切られた跡があります。上下水道がある可能性がありますので確認していきます。

スクリーンショット 2014 05 22 10 05 51
またこのようにグーグルストリートビューもかなり使えます。もちろん後で現地も見るのですが、行く前にあらかじめイメージしておくことができます。これだけでも電柱、水道をどう奥の山に持っていかなければならないか確認しなければならないことが分かりますね。


松山の住宅展示場へ行ってきました!


先日愛媛県の松山に新しくオープンした総合住宅展示場、通称「総店」に行ってきました。
実は山陰以外にはこの総合住宅展示場は多くあるのですが、この山陰地方には「総合展示場」と呼べるものはないと言っても過言ではないと思います。理由としては総合展示場を運営しようとする会社がないからではないかと思います。

他県の総合展示場を運営する会社はテレビ局や、新聞会社が多いです。


松山での昼ごはん

IMG 5555


ルートはこんな感じ


IMG 5634
見ても分かるように松山は出雲のほぼ真南に位置しています。


IMG 5554
本州から四国へ行きます。


IMG 5556
駐車場にあった賃貸住宅。玄関ドアの色、3階のロフト?が参考になります。




IMG 5558
ここはマサキデッキ総合住宅展示場。ここに目的のモミの木の家があります。

IMG 5559
展示場なだけあって大きいですね。

IMG 5560
ゴールデンウィークの時は1日に100組以上来られていたとか。


IMG 5562
玄関の飾り棚。随所にオシャレ感が漂います。ガラスブロックとタイルと木の組み合わせ。粋ッ!

IMG 5564
気になった水槽。水面を出さないようにしてるのかな。額縁を使って一枚の絵のように。素晴らしい。





IMG 5567
商談ルーム兼キッチン。若干ピンぼけが悔やまれます。

IMG 5568
カフェ風をイメージとのこと。室内に瓦ッ!
粋ですね。


IMG 5572
この時計はオシャレポイント高いですね。まるで外にあるようなクラシック時計をあえて室内に。

IMG 5575
もう一つのキッチン。

IMG 5577
ワークスペース。こういう台があると家族揃っての料理もより楽しくなりますね。

IMG 5579
レンジフードの形もオシャレです。

IMG 5582
リビングにあるWEBスペース。

IMG 5580
洗面。友達の家に泊まりに行ってこんな洗面だったら圧巻ですね。

IMG 5583
2階のフリースペース。家族との思い出を飾るってのもいいですね。

IMG 5585
モミの木の実験。左が普通のフローリングの家、右がモミの木のフローリングの家。この写真では分かりにくいですが、左側はカビとおにぎりが腐っています。右側は乾燥して水分が抜けている感じになっています。

IMG 5590
さらにもう一つのリビング。床と壁。ドアの色はチャレンジングですね。


IMG 5596
別のアングルから。

IMG 5597
晴れ晴れとした空間。


IMG 5591
バルコニーで楽しむ。こういう発想いいですね。無機質な空間になりがちですが、木をメインに持ってくることで癒やしスペースに。木が傷んでもこれだと交換も容易です。

IMG 5595
洗面。現実的な大きさです。

IMG 5598
子供部屋。色使いとか勉強になります。

IMG 5600
室内は塗り壁。塗り方はこのような感じに。

IMG 5605
従来のイメージを覆す和室。和室を作っても物置となってしまうことも多くありますが、これだとそうもいかないデザインです。


帰りの道中、道後温泉と松山城へ


IMG 5614
霧がかかっていますが、ロープウェイで登った後にマスコットキャラクターの「よしあきくん」が出迎えてくれています。

IMG 5610

IMG 5611
古来のこの造りは脱帽。この大きな素材も現代では集めるのでも大変そうです。

IMG 5613
城への侵入者にこの小さな小窓「狭間(さま)」から矢や弾を撃って撃退します。

IMG 5612
覗いてみるとあまり視野は広くありません。
しかし当時の城造りには必要なものでした。

道後温泉 → 昼ごはん


IMG 5615
道後の釜飯うどん屋に寄りました。この大黒うどんは格別に美味しかったです。

IMG 5619
道後温泉と言えばこの温泉ですね。この建物。凝った造りをしています。

IMG 5621
温泉には入らずにそのまま広島へ北上し、帰りは電車でしたので福山駅→岡山駅→出雲市駅で帰宅となりました。アズのみなさんありがとうございました!

IT事業部と設計コンペ1次審査通過ッ!



こんにちは!
インターネットの影響力が住宅業界にもかなり大きくなってきているので「IT事業部」みたいなのが必要だと強く感じてきている足立です。僕が考えてるIT事業部ではホームページ作成と管理、メルマガ、チラシ作成などです。今募集している来年の新卒は営業幹部候補ですが、IT系の枠を新規で増やすかもしれません。


設計コンペの準備


最近は模型作りの段階にきていました。設計コンペでは1次審査が設計図面、2次審査では模型などを含めた実際のプレゼンテーションになります。その2次審査は5月末に東京であるので、それに向けて頑張ってるところですね。
IMG 5632
今回のコンペではテーマは「子供のための家」です。
敷地が2つ用意されていて、一つは狭小地の3階建て、2つ目は2階建てです。この写真は3階建てのものになります。

IMG 5633
上から見たところ。まだ屋根のトップライトの部分などが未完成です。

IMG 5636
作成風景。

うまく審査を通って行けばゼロキューブの新商品になるかもッ!

また、これから社内でも設計コンペをテーマを決めて行い、一番の作品はニコニコ住宅なので追加していく考えです。随時より良いものにしていきます。

母の日


母の日に何をしようか考えている足立です。こういう祝日は今まで受けてきた感謝すべきことを思い起こせるので非常に良い祝日だと思います。
そこで最後まで悩んで悩んで何度か忘れたりもしながら思い出してギリギリになって思いついたのが「プリン」。プリンが好きなのを思い出しました。普段とちょっと違うものをセレクト。プラス子供のお菓子も。これで少しの会話のネタになればいいのです。
IMG 5532

宍道で住宅祭!


ゴールデンウィークは仕事などをやっていたらあっという間に過ぎ去ってしまった足立です。さて、5月3日〜5月11日まで島根県宍道町で行われている住宅祭に顔を出してきました。

IMG 5482

IMG 5483
今回は出展社が6社でした。
私たちも出展することを前向きに考えていましたが、残念ながら施工場所、費用と限られた人材などの観点から出展を見送るという苦渋の決断となりました。

この住宅祭は「島根住まいづくり協会」が主催しています。
(※島根住まいづくり協会 → http://www.sumai.ne.jp/2.html 
(※島根住まいづくり協会宍道学園台住宅祭のご案内ページ →  http://www.sumai.ne.jp/561.html


この団体は島根県の建設会社が協力して質の良い住宅の発展と供給を行い貢献していこうという趣旨の元で活動していて、住宅祭を行う時は6ヶ月から1年以上前から協議をし、安全かつ成功に終わるように準備をしていきます。

もちろん現在でも他の地域での住宅祭の候補地とその準備は行っている状況です。今年は安来と江津で秋に行う予定となっています。


5月11日(日)までやってますので、ぜひご覧になってみてください。皆さんにこの住宅祭を通して良い機会となるように願います。

団地内BBQ!

 

ゴールデンウィークと言えばBBQ


 同じ団地の方とBBQをしてきました。弾丸ツアー的に突然上がってきた企画でしたが、みんな楽しく交流を深めることができました。

IMG 5468

日に日にみんなの子供たちも体格や言葉、遊び、技能が成長しているのでそのスピードに驚かされます。