ベトナム人実習生の採用


皆さんこんにちは。
中国地方も梅雨が明け、本格的な暑さがやってきました。
暑すぎてもはや危険を感じるほどです。


さて、そんな暑さのなか、最近ハマっているものがあります。

それは長い靴下です。
短い靴下だと足を組んだりしたときにズボンの裾から生足が出てしまうのがイヤなんですよね。

そんなときにこのロングホーズの靴下です。
ただあんまりお店で売ってないんですよね。
それでいて1足1,500円はだいたいするっていうのが相場なので、ショートソックスのように3足1,000円に慣れていると1足1,500円はやけに高く感じます。
IMG 0809

そんな中Amazonで見てると1足600円というのを発見。
質はどうなのかな、と思っていましたが、これが想像以上にいい!

ズレ落ちないようにゴム部分が広く取ってあるので、たるみません。
見かけ上でもシワが寄らないのでスッキリ感を大きく演出してくれます。

靴からズボンの裾にかけて靴下が見えてくる部分は男の私でも魅力を感じる絶対領域ですのでかなりお買い得な感じがしました。

あとは耐久性ですね。長く持ってくれることを期待したいと思います。





さて本題のベトナム人実習生なのですが、近年の建設業界では大工さんを始め、圧倒的な職人さん不足に陥っています。
さらに高齢化も進んでいますのであと10年、いや5年もすれば多くの技術を持った職人さんは退職、廃業をされていきます。
それに備えていくわけですが、日本人の若い世代にはなかなか手が足りない状況ですので、多くの建設会社、もしくは他の多くの業界で外国人の雇用を進めています。


私達の会社でも今年の3月からベトナム人の実習生を採用し、家づくりを教えています。
また彼らが日本の家づくりを学び帰国し、ベトナムでも木造住宅や建設業の発展に寄与できたらと思います。



このために来年度採用のベトナム人実習生の採用面接のためにベトナムに向かいましたが、
今回は飛行機の欠航が2便あり、ヘトヘトになる道程となりました。

IMG 0799
福岡発ベトナムハノイ着が決行になったため台湾の台北経由でベトナムに行くことに。
初の台湾は入国することなく、乗り継ぎだけで2時間の滞在のみとなりました。


IMG 0777
なんとかして到着したベトナムですぐに面接にとりかかります。

IMG 0782
今回面接したのはこの6名で18歳から29歳の方から応募がありました。
手先の器用さやスポーツテスト、質問をする面談を通して採用する人を決めます。

IMG 0784
このテストは制限時間内に同じ形をしたカードを置いていくというテストです。
素早くキレイにおいていくというところに審査項目があり、性格が非常に出てきます。

IMG 0786
↑これは土嚢袋のようなものを持ち上げるテストです。
これは30回上げられるかが一つの目安になりますが、体力と筋力のないものは途中で諦めたりします。
100回ぐらいできる強靭な人もいます。


そのようなテストを経て2名の方を採用できました。




面談でいつも思いますが、ベトナム人の労働意欲には感服させられます。
残業はどんどんやって稼ぎたい人が多いです。

日本人とのこのモチベーションの差は日本の将来を憂うぐらいです。


今後の日本ではロボット、AIの本格的な参入により今まであった仕事がなくなっていくと言われています。
そこに労働意欲の旺盛な外国人が日本に入ってくるわけですから日本人は単純労働ではない頭を使った働き方を求められていくのではないかと思います。
そういう意味でただ単純に労働時間を減らすだけではない、創造的で生産性のある働き方改革というのが求められていくと感じます。


家づくりもそうだと思います。
一般的な建設会社は残業も多く、本格的な労働改革をしていかないといけないと思います。
私たちはニコニコ住宅という商品によってかなり改革は進みましたが、他の会社はどうするんだろうと思うところです。

IMG 0797
最後にベトナムのハノイの写真を貼ります。
ラッシュアワー時にはバイクが溢れかえり、クラクションが鳴り響きます。
ベトナムでは成長期に入っていて、国民の年収がどんどん上がっています。
今後このバイクが車に変わり、家も新しくなり、高層ビルが立ち、昔の日本もこのように発展していったのかなと思わざるを得ません。


しかし、成熟しきった日本でも違う形で発展する余地があると感じますので僕たちは家づくりを通して地域の発展を支えていきたいと思います。 

こんなに面接が楽しみなのは初めてかもしれない



明日は面接がある。

こんなに面接が楽しみなのは初めてかもしれない。


元気で明るくて前向きであれば採用。


基本的にこういうスタンスである。


なぜ「元気で明るくて前向きな人」なのか?


いろいろあるが、一にお客様へのサービスが向上する。

これに尽きると思う。


こういうことってないでしょうか?
例えばお店で物を買う。値段は高いけどいろいろ熱心に教えてくれてこの人からなら買ってあげてもいい。
でも値段は安いがぶっきらぼうな物の言い方だったりして「物は欲しいんだがこの人からは買いたくない」。


僕はこのようなことを何度か経験している。



だから反面教師。



ウチの会社ではそういうことがあってほしくない。


だから明るい人。
それはお客様が気持ちよくサービスを受けたり、取引をしたりするために必要な性格である。
もちろんそれは社内でのコミュニケーションにも生きてくる。
こういった日々のコミュニケーションの積み重ねは長い期間になると大きな差になってくる。



第二に前向きというところ。

人はいつも本調子ではないと思う。
元気な時もあれば落ち込むこともある。
元気な時は問題はない。
でも元気のない時はどうだろうか?
僕が元気のない時に気付いてあげれたら何かしら対応はできると思う。
でも現実問題それを全て把握していくのは非常に困難を極める。

その落ち込んだ時の復活の仕方。
それは「前向きな性格」であるかどうかだ。

どんな時でも夢や希望を忘れずに、でも時に足を止めながらでも一歩ずつ前に進んでいく力。
それが前向きな人の特徴である。

いろんな人と会ってそう行き着いた。


最後に元気というところ。


上に書いた2点は健康であって成り立つ。


明日の面接、元気で明るくて前向きな人と聞いている。


良い出会いとしたい。 




就活直前交流会に参加してみて


今日は島根大学と島根県立大学の就活合宿の企業交流会に呼ばれたので行ってきました。

参加してみるとグループ分けされて想像以上に学生さんと物理的にも精神的にも近距離で会話をすることができました。
また、私が会場に入って一発目で思ったのが、意識レベルの高さです。


今日話せた人は明るくて元気な人が多かった。
普段の合同説明会では会うことが難しい学生さんだと思った。


この人たちがウチの会社に入ってくれたら間違いなく山陰の家づくりはもっと良くなって喜ぶ人が多くなると確信しました。



今日会えた人たちがこの記事を読んでくれるのかは分からないけれど、
今日の人たちが今後私たちの会社に興味を持ってくれたらほぼ採用していくつもりです。


その場で内定出そうと思ったぐらい。


なぜそう思うのかは、過去いろいろな人と面接をしてきた経験と直感です。


良い人は良いオーラを持ってる。

それはやっぱりにじみ出てくるように伝わってくる。
これは僕の経験と直感です。
すぐに分かる。
今日の学生たちはそのオーラを持ってる人が多かった。



ただ僕も採用に関して心配が全くないわけじゃない。


特に建築と全く関係のない学科を勉強してきた人を採用するのは僕もかなり勇気がいる。
約4年間その勉強をしてきたのに、それとは全く違う仕事につくことになるわけだからです。
そういう意味では採用の責任の重さを感じる。


でもウチの会社ではそんな人は僕を始めトップ営業マンも大学で勉強してきたのは建築以外の学部。

会社内でもしっかり住宅を教えて成果を取れるようにしていく自信はある。


あとはウチの会社でやっていくという覚悟があれば、すぐに専門学科を卒業してきた学生ですらも追い越せる。
住宅業界とは誰にでもチャンスがあり、地域貢献度が非常に高いしそれをダイレクトに感じれる。
そんな業界。


今日話しができた人たちと一緒に仕事ができればと思う。
 


IMG 1986
最後に学生さんと分かれて企業の参加者が集まってどうすればより良くしていけるかをグループワークして終了。


非常に内容の濃い一日でした。

【採用】採用担当者にメールを送れ

 

先日「自己PRには数字を入れろ」という記事を書きましたが、もう一つ他の学生よりも一歩や二歩も前に出る方法をお伝えしましょう。


それはタイトルにもあるように「採用担当者にメールを送る」っていうことです。
(※この記事は僕にメールを送るということではなく、就職活動を通して自己鍛錬しより通用する社会人となるための記事です。 )


これは簡単なようで意外とやってる学生はかなり少ないです。


メールを送ればどんなことが起こるかというと、そういう人は少ないものですから
採用担当者はこう思います。

「あれ、この人どんな人だったっけ?」
「この人どんな人なんだろう」


となってリクナビの学生管理ページを確認するわけです。
そこで学歴や学科部活、特技趣味などを確認してオープンESが出てるかをまず確認します。

オープンESは簡単に言うとリクナビ用の履歴書です。

そのオープンESにパンチのあることが書いてあると、


「お、この子に会ってみたいな」
「入社した後もお客さんにこのように気を遣ってくれるのかな」


となるわけです。


これで他の学生からは一歩も二歩も前に出れます。
面接の内容も当たり障りのない面接ではなく、もっと「この子のことを知りたい」という面接に変わっていきます。

IMG_8952-768x1024

 
さてこの画像は今日いただいたものはメールではなく会社説明会お礼のハガキでした。

このようにここまですれば印象はかなり残るでしょう。

 

将にこのような活動を僕は「就職活動」と呼ぶと思います。


面接の練習をすること、それも就職活動の一つですが、
面接の前から既に面接の場で有利に立てることはできるのです。


さて、このようなことを皆さんには習慣化してほしいです。
ただ単に就職活動で終わるのではなく、どこかの会社に入って、就職活動中に学んだことを行っていく。

例えば今回のようにメールやハガキでお礼を言ったり、労ったりする、このようなことはすごく重要です。多くの学生の方はそこまでできる人は少ないので今それを習慣化して社会人となれば大きな力となるはずです。

 


リクナビでもブログを書いています。
https://job.rikunabi.com/2016/company/blog/r627290010/

 

【採用】モデルハウス準備


今日は普段の仕事をご紹介します。

IMG_8908

モデルの飾り付け。これで無表情な家に生活感をもたらしてくれます。
決められた金額内で雑貨や家具などを購入し飾り付けていきます。
この仕事をやりたい方もけっこういますね。


IMG_8907

裏方の仕事ですが、モデルが建っている場所が分かりやすく来ていただきやすいようにノボリを立てます。


どの業界もそうですが、裏ではこのような地道なことを行っています。


【採用】自己PR文には数字を入れろ



3月から就職活動が始まりました。


なので今日は僕がどういう風に就職活動を攻略していくか、少しヒントとなればいいかと思います。


まず会社説明会などの履歴書やコミュニケーションカードには自己PRを書くところがあります。


採用担当者は普通そこに目を通すのですが、一般的な文であれば簡単に見過ごされてしまいます。



よくある文は


「私はコミュニケーション力があります。」
「みんなと仲良く仕事をすることができます。」
「〇〇の資格を持っているのでそれを活かせると思います。」
「部活で部長をしていたので貢献できると思います。」
「大学で〇〇ということを勉強していたのでそれを通してお客様のためになる仕事をしていきたいです。」




これらの文章は本当によく見ます。

あまりにもありふれすぎて少し改善するだけでもっとイメージが湧きやすい文になります。


あからさまに「私は〇〇ができます」的な文も「ホントかよ」と冷静に突っ込まれるマイナスポイントでしょう。



数字を使った例で言えば、部活でキャプテンをやっていたとすると、
「県下20校の中から県大会で1位になり、インターハイで4位になれました」


「アルバイトを3年間やってきてチラシ作り担当になった年から来店客が20%アップして売上も10%上昇し会社に貢献しました。」


と書くともっと現実的になりますし、数字を使った話しができそうな子だな、となってきます。
たったこの一文だけで他の人とは一歩先を行けます。


今度また違うことを書きたいと思います。



















就職フェア


土曜日と日曜日に就職フェアがありました。
建設業は他の業種に比べて人気がないのかいつも他よりも少ないですが、今回は良さそうな人と何人か出会えました。


ですが、ですが、

こちらの一方的な思いでその人たちが入社してくれるとは限らないのが難しいところです。






 

【採用】島根就職フェア


こんにちは。
今日はお盆休みですが松江のくにびきメッセに来て来年度の新卒採用の就職フェアに来ている足立です。


IMG 6468
始まる直前の写真です。
さすがに就職活動も終盤にさしかかり、内定をもらっている人も多いかと思います。
学生さんと話してみると意外と島根で就職希望の方も多いです。
広島出身の方が島根は住みやすいということで、島根で就職先を探しているという方もおられました。
そう言っていただけると島根県に住んでいる人には嬉しいですね。

住宅はなんだかんだ言って人が建てるので、良い家造りができていける人と出会えることを期待したいと思います。

 
 

会社説明会がありました。



車がクラッチ切るとエンストするので直してもらうついでにエンジンオイルとかも替えてもらってスッキリした足立です。

いや、この症状はけっこう危なくて曲がり角を曲がろうとしてクラッチ踏む → エンジンの回転数が0になる → エンジン止まる → パワステも重くなる → 曲がりきれなくて田んぼにつっこみそうになる

事故しなくて良かった・・・
ホント毎日守られているんだということを再確認しました。
感謝です。

どうやらエアスロットルという空気を吸い込むところが汚れていて、それをキレイにしたら直るということでした。

有能な人を求めて


IMG 6045
さて、今日は出雲の朱鷺会館というところで来年度の新卒向けの会社説明会を行いました。
良い家を建てるためには有能な人材が必要です。

今年は若きエースが2名入りました。
頑張ってくれています。

来年も良き人との出会いを求めていきたいと思います。




体験入社をしました


僕の弱点は家事全般が苦手ですが、今日は家の掃除をしてスッキリした足立です。


来年度卒業者への体験入社を浜田でしました。

IMG 5947
来週も出雲で予定しています。

幹部候補を募集しています。つまり前向きな人です。

そうは言ってもやはりどのような会社か不安になると思いますので、体験入社をしたりして、実際にどのように家づくりを進めていくのかを見てもらいます。

正直申し上げまして、私たちの会社もまだまだ完全ではなく、発展途上と呼べる点は多くあると思います。

従って僕たちのスタンスとしては会社紹介はかなりありのままに話しをしています。
休日、残業時間、会社の雰囲気を始めとして企業として普段言いにくい面も大体伝えます。

悪い面も良さそうな面もある程度認識してもらってから選択してもらうというスタンスです。
その上で「家づくりをやって皆に幸せを届けたい!」という思いが相思相愛で初めて会社に入れます。



良い方との出会いを期待したいと思います。