消費税増税判断は来月1日



こんにちは。
このようなニュースが来ていました。

スクリーンショット 2013-09-09 19.12.53
消費税「首相は来月1日に判断」
(NHKNewsWEB)

甘利経済再生担当大臣は、東京都内で講演し、消費税率を来年4月に引き上げるかどうか、安倍総理大臣が来月1日に判断すると明言したうえで、引き上げる場合は、景気の腰折れを防ぐための経済対策も同時に発表する考えを示しました。

 

この中で甘利経済再生担当大臣は、法律に従って消費税率を来年4月に引き上げるかどうかについて、「来月1日に安倍総理大臣が判断する」と明言しました。

そのうえで甘利大臣は「税率を引き上げる判断をした際は、同時に経済対策のパッケージも発表しなければならない。その規模と中身をどのくらいにするかで、日本がデフレから脱却できるかどうかが決まってくる」と述べ、税率を引き上げる場合は、景気の腰折れを防ぐための経済対策も同時に発表する考えを示しました。

また、甘利大臣は「安倍総理大臣は、法律どおり消費税率を引き上げることに、ネガティブになっているわけではない。税率を引き上げ、日本経済がデフレから脱却して順調な成長軌道に乗っていき、経済成長と財政再建が達成されて社会保障の持続性も担保されれば一番よい。しかし、経済対策が十分なのかどうかを心配している」と述べました。



現在住宅購入に関しては価格も高いため消費税増税は今年最大の関心事と言っても言い過ぎではありません。
今年は消費税というテーマがきっかけとなり家づくりをスタートさせた方も多かったのではないでしょうか。

また、ポイントとしては

「引き上げる場合は、景気の腰折れを防ぐための経済対策も同時に発表する考えを示しました。」


今までの消費税増税時は増税前に駆け込みがあり、
それに伴い次の年には10%〜20%低下するという事例がありました。
その反動を抑えるための経済対策があるということです。

どのような結果になるか分かりませんが、日本で生活する以上とても重大なことになりそうな気がします。





コメントを残す