住宅購入時に考えるべきこと【ライフデザインが重要】



このような記事を見つけたのでご紹介します。
非常に有用な記事ではあるのですが、補足しておくところがあるので追加しておきます。

以前にこのような記事を書きました。
いつ家を買ったらいいか?時期比較サイトを見るときのポイント
この時、往々にしてこのような比較情報には「家賃」が抜けがちであるということを書きました。

つまり様子を見るべき時と比較するならば、家賃を払いながら様子を見ている期間が大切です。
家賃が50,000円で5年住んでいれば、それだけで300万円が家賃としてかかります。
そこが抜けがちなので追加しておきます。
 

増税だけじゃない!住宅購入時に考えるべき5つ | WooRis(ウーリス)

WooRis(ウーリス)

消費税は2014年4月から8%、2015年10月から10%に増税する法案が可決されました。これから住宅を買う予定がある人の中には、その金額の大きさから「今買うべき?それとも様子を見るべき?」と悩む人も多いでしょう。

そこで知っておきたいのは、不動産購入時に関係するのは税金だけではないということ。“金利動向、住宅価格、控除”など、総合的にみて判断すべきです。今回は住宅を購入する際にチェックすべきポイントをまとめました。

 

■1:消費税

住宅購入時、“建物購入費、仲介手数料、融資手数料、司法書士手数料”などには消費税がかかります。現在の5%から8%、10%と上がれば、当然その負担は大きいですよね。

 

■2:土地は非課税

実は意外と知られていないのが、土地は非課税ということです。例えば3,500万円の物件でも、建物が2,000万円なら、8%への増税で増税前より60万円アップ。土地の1,500万円部分は課税されないので、増税は関係なくなります。

 

■3:金利の変動

アベノミクス効果で金利の上昇が懸念されていますが、金利が上昇すれば、住宅ローン金利も上がり返済額が増えます。当初は払えると思っても、金利の上昇で返済が苦しくなるケースも考えておくべきでしょう。

一方、全期間固定金利で借りることもできますが、金利が変動金利よりも高くなるのがネックです。

金利が上がるかどうかは未来のことですし、その時次第なので何とも言えないのが現状です。

 

■4:住宅価格の変動

“住宅価格変動の可能性”も、実は大きな問題です。増税前にはどうしても需要が増えるので、そうなると住宅価格も上がります。一方で増税後は需要も減り、価格も下がることが予想されます。

ただし物件によりけりで、人気物件の場合は大きな値幅の変更はあまりないでしょう。

 

■5:住宅ローン控除

住宅ローン控除とは、住宅を購入しても入居後10年間にわたって、支払った所得税のキャッシュバッグを受けることができる制度です(※一定要件を満たすことが必要)。

今回の増税をふまえ、2017年12月31日までの購入物件への入居者が対象となり、2014年4月以降は最大控除額の引き上げも行なわれるなど、制度の範囲も拡大されました。

 

■結局“経済環境次第”な面も大きい

増税やローン控除は一旦決まれば変動しませんが、金利や住宅価格は常に変動するもの。また特に住宅価格は、物件によって動く値幅も異なります。

こういった“経済環境”“物件情報”を含めて住宅購入を考える必要がありますが、誰にも確かなことは言えないですし、絶対的な答えはないので難しいですよね。それでも購入者が“環境を知っておく”必要は大いにあります。


金利については昨日の記事で少し書きました。
ご参考にご覧になってください。
フラット35金利下がる



【実はまだある重要なポイント】

さて、さらに詳しく言えば考慮しなければならないのは家賃だけではなく、
「人生の3大資金」を考えていかなければなりません。

住宅はもちろんその3つの一つなのですが、

人生の3大資金とは以下のものがあります。

1.子供の学費
2. 住宅
3.老後の資金


この3つはここでは詳しく書かないですが、
そのことも考慮して人生設計をしなければなりません。

つまり住宅とは人生設計の一部分にすぎないのです。

私たちは人生設計を総合的に見ながら住宅という一部分を重要な部分と捉えてご提案していきます。
この「ライフデザイン(人生設計)」という概念の中で住宅はその一部というポイントが重要です。



島根 鳥取で注文住宅を建てるなら、
新築 注文住宅の中央建設株式会社
〒693-0028 島根県出雲市塩冶善行町10-1
TEL 0853-22-6744 FAX 0853-22-6794
URL http://www.ckg.jp









 







コメントを残す