フラット35ニュース

  先日このようなニュースが出ていました。 フラット35、再び頭金なしOK 消費増税の負担軽減策 http://www.asahi.com/business/update/0904/TKY201309030607.html  
国土交通省は2014年4月から、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」で住宅購入額の全てを借りられるようにする。今は9割までしか借りられないが、頭金なしで住宅を買えるようになる。消費税が上がると住宅需要が冷え込みかねないため、負担増を和らげて家を買う人を増やすねらいだ。 フラット35は固定金利で最長35年間借りられる住宅ローン。全国の銀行などが窓口となり、実際の融資は国交省が全額出資する独立行政法人の住宅金融支援機構が行う。銀行などのローンに比べ金利が低く抑えられている。
スクリーンショット 2013-09-06 8.47.38 消費税増税後の落ち込みを防ぐための施策だと思いますが、来年の4月から頭金なしで家を買いやすくなるのは大きいと思います。 ただフラット35は最近融資が通りにくくなっておりそこが懸念材料でもあります。   でもこのようにしていろいろと考慮していただいているのはありがたい話だと思います。

コメントを残す